人気のフライヤー印刷とはどういったものかを知る

写真

チラシとはどういった違いがある

フライヤー印刷はアメリカではチラシを意味する印刷物とされています。しかし、日本ではフライヤー印刷とは別にチラシ印刷という項目も設けられています。この違いとは一体どういった部分になるのでしょう。

フライヤー印刷とはなにか

カラーチャート

注目度の高いフライヤー印刷

印刷業者を利用したとホームページなどを確認していると、フライヤー印刷という名前の項目を目にする事が多いと思います。このフライヤーとは「flyer、flier」の英語表記がされるもので、アメリカではチラシを意味しています。しかし、印刷業者ではフライヤー印刷とチラシ印刷の2つの項目に分けられている事が多くあります。その理由はそれぞれに似て非なる特徴を持っているからです。また、フライヤー印刷では使用できる用紙の種類やサイズが多くあり、その分手に取る人の目を引きつける仕上がりが可能となっています。その他にもシンプルな印刷工程になりますので、当日出荷などのスピード対応に適している印刷となるため、フライヤー印刷は個人・法人共に人気のある印刷方法となっているのです。そして最も注目できる部分として選ばれるのが、大量の印刷が可能ということになります。これはチラシ印刷にも当てはまりますが、冊子やポスターなどの細かな加工工程が必要・サイズが大きいということもないフライヤー印刷では翌日発送であっても大量印刷が可能となるため、大量に印刷して欲しいなどの要望にも応えられる印刷となります。お店などに並べるだけでなく、イベントなどで急遽必要になる場合にも対応できるのは、利用する側としても嬉しい部分です。

色見本

フライヤー印刷に最適の用紙

メタディスクリプション80文字~120文字(KW必要) フライヤー印刷では様々な紙質の用紙で印刷が可能となっています。そんな中でも印刷後の仕上がりで最も適している紙質は異なります。ではどのような場面でその紙質を選ぶべきなのかを知っておきましょう。

CMYK

フライヤー印刷は格安

フライヤー印刷ではオプションや印刷方法を利用する事で料金を格安にする事が可能になります。中でも事前入稿を利用する事で更にお得になります。また、この事前入稿に関しては各業者でも細かく説明していますのでチェックしてみるといいかもしれません。

印刷機

様々なサイズに適応

フライヤー印刷を利用する際に様々な用紙のサイズを選ぶ事ができますが、実はフライヤー印刷に適した印刷物のサイズがあります。そのサイズを知っている事で印刷依頼をする際に最も自分が思い描いている仕上がりの注文が可能となります。

印刷機

依頼はネット?店舗?

フライヤー印刷の依頼ですが、実はインターネット上での申込みと店頭での申込みの2種類があります。それぞれにメリットが有る申込み方法となりますので、両方を知って自分に適したい申し込み方法を選択しましょう。

Copyright© 2019 人気のフライヤー印刷とはどういったものかを知る All Rights Reserved.