人気のフライヤー印刷とはどういったものかを知る

様々なサイズに適応

印刷機

フライヤー印刷にはA判サイズ

印刷物ではフライヤー印刷を始めとして様々な印刷方法があります。その中でも用紙のサイズは一般的に変わりません。A判サイズ・B判サイズから依頼する事が多く、その中でも代表的なものがA3サイズになります。このサイズは一般的なコピー用紙のサイズであるA4サイズを2枚合わせたサイズになります。B判ではB4サイズがメジャーなサイズになります。このB4は大学ノートや雑誌ほどの大きさの紙を2枚合わせたような大きさになります。このメジャーサイズ以外にもフライヤー印刷ではA4・A5・A6・A7・B5・B6・B7・B8と数多くのサイズがあります。しかしこれだけ数が多い用紙のサイズですが、実はフライヤー印刷に適しているサイズというものが存在します。それはA判サイズになります。その中でもA3・A4は特によく使用されています。その理由というのが、フライヤー印刷では文字よりも写真などがメインとなったデザインが主になります。また、じっくりと読んでもらいたいという思いで作られている印刷物がほとんどと言われるほどですので、手に収まりやすい作り方がされています。A3・A4サイズの用紙は片手で持ったとしても用紙の重さに耐えきれずに折れ曲がるといった事が少ないため、フライヤー印刷では適しているとされています。また、クリアファイルなどにぴったりのサイズにもなりますので、折れ曲がり防止の対策もしやすいものとなります。また、フライヤー印刷でA判サイズが適しているとされる理由の1つとして、フライヤー印刷を利用する際に片面印刷ではなく両面印刷が行われる事が多いからです。1枚の片面に情報を集約するのではなく、両面に分けて情報を入れる事でキレイなデザイン性を再現する事ができるのです。もちろん片面印刷でも利用する事が出来るフライヤー印刷ですが、ゆっくりと時間をかけて読んでもらいたいと考える注文者が多い事からA判サイズの両面印刷がフライヤー印刷では最も適していると言われています。

Copyright© 2019 人気のフライヤー印刷とはどういったものかを知る All Rights Reserved.