人気のフライヤー印刷とはどういったものかを知る

チラシとはどういった違いがある

写真

チラシとは似て非なるもの

フライヤー印刷で作成された印刷物は多くがチラシと同じ部類のものになります。そのため、店頭などに並べられているチラシと大きな差はありません。しかし、日本ではフライヤー印刷とチラシ印刷の2種類の印刷方法があります。この大きな理由はそれぞれの特徴にあります。チラシとは必要な情報が見てすぐに分かるように作られているものを指します。しかし、フライヤー印刷ではお客さんに手にとってもらう点を重視して作られます。もちろんチラシと同じように必要な情報も記載されていますが、その場で読むのではなく持ち帰ってじっくりと読んでもらうという認識で作られています。そのため、文字よりも写真などが多く使われていたり、読んでいて目が疲れにくい紙質、手に取った際の肌触り・感触の良い紙質などを最大限に使って作られます。また、お客さんの手に取りたいというイメージも重視されている事から、チラシというよりも紙媒体のコンテンツ紙と考える人が多く居ます。そのため、フライヤー印刷はパンフレットなどの3折チラシなどに使用される事が多いものとなります。その他にも映画館などに置かれているチラシや劇場などで受け取るチラシなどもフライヤー印刷で作られているものが多く存在しています。

Copyright© 2019 人気のフライヤー印刷とはどういったものかを知る All Rights Reserved.