人気のフライヤー印刷とはどういったものかを知る

フライヤー印刷に最適の用紙

色見本

印刷用途で紙質を変えよう

フライヤー印刷ではチラシ印刷などと同じように様々な種類の用紙を利用して印刷する事が可能になります。表面がコーティングされている「コート紙」、光の反射を制御してくれる「マットコート紙」、他の紙に品質が劣らない「再生紙」なども利用する事が可能となっています。また、フライヤー印刷では「ユポ紙」「ケント紙」などの特殊紙で印刷も可能となっています。チラシなどを配布する際、屋内・屋外という条件だけでも手に取る人の目には違う印象を与えます。例えばコート紙を利用したフライヤー印刷のチラシを屋外で配る際にはどうしてもコーティングにより光が反射してしまい、相手にはどういった項目が描かれているのかを認識しづらくなります。逆に光の反射を抑制しているマットコート紙であれば屋内だと暗めの雰囲気を感じてしまう事があります。このように配布する場所などにも合わせて印刷依頼を行う事で完成した際に納得できる仕上がりになるはずです。その他にも紙質の感触は大切なポイントになります。通常の上質紙であればコピー紙などと変わらない紙質ですが、コート紙・マットコート紙になると加工がされている事から滑り止めが塗られているような感じの感触を味わう事が出来ます。また、再生紙などはその特徴を生かして和紙のような独特の感触を再現する事も可能ですので、配布するイベントに合わせて選んでみるのもいいかもしれません。しかし気をつけなくてはいけないのが、紙質が変わると料金が変更になる事があります。コート紙やマットコート紙は加工手順が似ている事から料金が変動しない業者も多いですが、特殊紙を利用する場合は別途加工料金がプラスされる事になる場合がほとんどですので、注文前に確認する必要があります。

Copyright© 2019 人気のフライヤー印刷とはどういったものかを知る All Rights Reserved.